自動販売機に関する情報誌を目指して記事書いてますけど、うまく進められません..だれかのお役立ちになればいいかな? 故障の修理、その他相談事承りブログ..

2019年7月7日日曜日

TVの取材でお仕事進まず?

TVの取材で仕事が進まない?ですが、私の取材ではありません..

群馬県太田市で運営される自動販売機のお店..オレンジハット系列店でのお話です。

少し前にテレビ朝日の番組?なんて番組か忘れました?

この店で稼働するレトロ自動販売機の取材があったそうなんですが、放映されると視聴者のお店拝見等々...客足が増すでしょうか?

しかし、ひとつの問題が?

取材のメインはハンバーガー自動販売機..
でも、ひと月前からハンバーガーを貯蔵する庫内が冷えない症状があらわれていたのです。

冷えないとは?..冷却の異常..故障で、貯蔵するハンバーガーの鮮度は保てない..

庫内に半有して数時間なら..冷えないまでも販売はできるでしょうけれど...時間が経過すれば味覚も変化します...
美味しくなる?ではなく..腐敗の方向へですね..

客足が増せば、搬入数も多くなるでしょう..
せっかくご来店くださるお客様には正常な状態で商品を提供したい...それがオーナーの
ポリシー?

で、放映日前に修理完了させたいと以前より取引のメンテナンス業者に依頼したところ
..冷却器そのものの故障で、ユニットごと交換しなければならない..
しかし、適合する形状の冷却ユニットそのものが無い..生産もされていなければメーカー事態に在庫もない..

修理はできない...とお断りされてしまったのです...

その他、知り合いを頼り数件問い合わせてもすべてNG...

そんなこんなで..いつしか当サイトにたどり着いてのお仕事でした。

どちらでもNGのお仕事...できるんかい?と思われるでしょうね..
でもね...私にはできるんですね..

0703
では、修理のためお店に到着..


センターがハンバーガー自動販売機です..



冷却のユニット交換です?...存在しないはずでしょう...って?
あたしは現行冷却器を改造することができるのですね..
ユニットを交換すればいいのでしょう....
ですが、作業は面倒で3時間はかかりますね...

作業開始...
主要なねじなど外し始めたところ...店内の客かと思っていた人から

修理はどれぐらい時間かかりますか..と?

聞けばテレビ朝日の取材staffの方で、事前に取材した内容にコンテンツ不足があり
お客様がハンバーガーを買って食べるところを撮影したい..

せめて6人ほどの映写資料が必要..だそうです..

ま、撮影したいのに私が修理していてはお邪魔なようです..

あたしから言わせれば、日にちも決めてきたのですよ..
それなのにTV取材の都合で作業に期間制限を挟めば...やりにくくなります..

聞けば上からの取材命令で急遽来たのでお店には事前連絡なし...
いつでも取材は可能できるはず...でも修理にあたしが来ているとは予想外...

ま、スタッフの方の諸事情もあるので私も自分の都合を優先させるのではなく配慮する
ことにしました。

作業の多くは、前からではなく自動販売機の後ろで行うため..撮影の邪魔にはならない..

作業は続行し..お客様が来たら静かにする必要があるので知らせてくれ..
ということで、合意したのです..

お客様も自販機の後ろでごそごそ音が聞こえれば落ち着かないでしょう..
撮影時のマイクにも雑音が混じってしまいますしね


しかしです..
お客様が来た..撮影開始...その後インタビューでしょう..これで一時間です..

幼いお子さんとパパさんのお食事...撮影風景



あたしはですね..
通例、3時間で終わる仕事を途中で中断..その繰り返し...
物事が思うように進まない..なぜ今日取材なのと...
でも、お店が取材の効果でよい方向へ進めばいいんじゃないと心を沈ませる..

結果9時間かかってしまいまして..気分はほとんどダークグレイ???
早く帰ってのお仕事もあるのに...これではできませんでしょう...
(顔には出してません...?外面は笑顔です)

ま、それでもスタッフの方が最後に..
ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした..
ほんと、助かりました..ありがとうございましたと言ってくれまして..
ジュースを1本くれまして...

笑顔で...
うまくいってよかったですね...としばし自販機談義...


たかが修理ですけど、ジャンルにより慎重に進めなければならない..
僅かのミスで、さらなる故障が追加されることもある..
高価..そして精密な部品が壊れてしまうこともある...

修理は常に慎重に進めたい...そう願いつつも時には心乱されることもある..

めぐり合いたくない状況ですが、これもいたしかたない世の現実ですね...



0 件のコメント:

コメントを投稿